総務に就けないのなら死にたい

カスタマーサポート職に従事していますが総務職への転職希望です。日々の想いを書き綴ってますが愚痴も多いのでご注意ください。

転職活動する気が失せてきた

書類選考落ちまくるマン爆誕

転職サイトで総務職やその他事務系に20ほど応募してるけどまったく受からない。

そもそも面接すら一度も行っておらず全部書類選考で落ちている。

 

経歴書とか自己PRは前回転職時のものを流用・改変しているが、

当時はこれで複数件の内定を貰っておりそこまで内容に問題は無いと思われる。

となればやはり総務職の競争率が異常に高く、スキルが少しでも合わなければ落としていけるほど応募者数に余裕があるのだろう。

 

IT産業の発達で総務・経理労務系の仕事が奪われるとか言って将来性が危惧されるこのご時勢だが、それでも総務職はこんなに人気なのだから、

老若男女問わず憧れの仕事であり、社畜界のアイドル職種と言ってもいいだろう。

同じデスクワークでもカスタマーサポートは不人気、地味、パシリでいじめられっ子のポジションだ(実際、初対面のクレーマーに電話でいじめられる仕事だし)。

だからこそ自分は一発で就職できたんだろうなと思うけど。

我が社のカスタマーサポートは(稀にだが)深夜早朝出勤もあるしそれでいて庶務作業もやってるわけだから、残業が無い総務部門より圧倒的に労働環境が悪いけど、給料はこっちの方が低いんだろうな。

社内ジニ係数は高止まりの状態だ。

 

そういえば、私は応募した会社をリストにしてGmailの下書きにメモしてるわけだが、見事に全部書類落ちしてるのを見ると、なんだかデスノートを思い出す。

デスノートは書かれた人間に死が訪れるわけだが、この下書きメモは「社名を書くと必ず自分が堕とされる」という性質なので、オウンデスノート(自分が死ぬノート)と言うのが正しいだろう。

果たしていつまで堕ち続けるのか楽しみでもあるが、求人自体が枯渇してきたのでいったん休んで資格の勉強に勤しむことにする。