総務に就けないのなら死にたい

カスタマーサポート職に従事していますが総務職への転職希望です。日々の想いを書き綴ってますが愚痴も多いのでご注意ください。

まだ飲み会で消耗してるの?

何も楽しくないし参加したくない

インキャと言われても結構だが、若手社員が飲み会に参加するメリットってあるのだろうかと言えば、無い。

若手連中だけでするローカルな飲み会や食事会はいいのだが、そこに上司という偉そうなおっさんが入るだけで台無しになる。

 

おっさんの得意技が「昔話」。

 

俺が入社する前・・・そんな大昔に在籍していた社員の話をされたって、分かるわけないじゃん。

適当に相槌打つだけだし、何が楽しいんや?「俺は古くから居るぞ」マウンティングにしか見えない。

 

飲み会の良い所は、そういう機会を用意して貰ったおかげでそれを口実に、普段喋らない人と喋れるところか。

でも、正直全社の飲み会は濃い話もできんし、オッサンが混じってるわけなので萎縮するよね(酒を言い訳に暴言吐きまくるような上司もいるので)。

だったら神聖総務部で「入社年度が同じ人」「年齢が近い人」みたいな親しみやすいグループでランチ会を開催してくれる方が助かるんだけど、そういう企画って無いんだよね。

まぁともかく飲み会なんて何も面白くない文化は早く消え失せて欲しい。

 

そうそう、弊社の飲み会は強制参加で割り勘だから、下っ端ほど「気を遣う」「話題を楽しめない」「エンゲル係数が高い」という地獄。

 

なんていうか貴重な給料をおっさん連中のために献上してるとしか思えないんだけど、普通に飲み会を一切無くしてそれを給与に回して欲しい。

従業員はその給与から仲良いグループで飲み会だのなんだの行くし(別に自腹でいいから)。

まぁ自分の場合は居酒屋より普通のレストランや喫茶店みたいな禁煙で落ち着いた所が好きだけど、ともかく年末年始この師走の時期はくだらない飲み会が多いのでうんざりする。

 

強制参加っていうのも束縛メンヘラ恋人みたいなもんで、普通に面白い飲み会なら義務でなくとも自発的に行くしな。ってこれ社員旅行の批判記事でも同じこと書いてた気がするわ。

 

社長とか役員上層部は、査定のときに社員を俯瞰しながら「結果が全て」と思ってるだろうけど、それはブーメランであって、社員連中だって会社に対し「結果が全て」と思ってて、支払給与や賞与が低ければ失望する。

給与明細という非常に分かりやすいバロメータがあるのに「飲み会」だの「社員旅行」だの何の解決にもならないお為ごかしをしてる場合か。

俺のクソ安い生活保護レベルの給与についてどうにか手を差し伸べてほしいものだけど、カスタマーサポート(CS)という社内カースト最底辺の職域にいるので難しいだろうな。

 

俺は有給付与のタイミングで必ずや神聖総務職に転職しようと決意したのだった。